エンジェル・ヒーリング いつでもあなたは天使に守られている
ヒーリング・キャット

2008年10月30日

Y・O様からのご感想文

10月26日、御崎絢さん主催の封印解除・能力開発の準備セミナーに参加してきました。

個人的にセッションをお願いしてお聞きしていたことのほかにさまざまなことを教えていただきました。封印の種類や封印に至った背景を時代背景も含めてご説明くださいました。また、個別のケースについての質問にも丁寧に答えてくださり、貴重な時間を過ごすことができました。

私個人の状態としては、先日封印解除・能力開発のセッションを受けたにもかかわらず変化を感じることができず、混乱し焦るばかり。封印を解除すると過去の記憶が戻ってきたり、喜びを感じることができるというお話を伺うたびに、過去の記憶が戻ることも喜びを感じることもできない自分に戸惑い、焦り、混乱し。。。その繰り返しでした。

どうして思い出さないんだろう?どうしてちっともうれしくないんだろう?自分の一部分を取り戻したはずなのにどうしてうれしくないの?
生まれてから初めてと言っていいほど、つい最近ようやく喜びを感じることができ始めていた私にとって、再び喜びが消え混乱の渦に自分が消え去っている状態がつらくて仕方がありませんでした。
どうして?どうして?どうして?そんな問いばかりが自分を占めていました。

絢さんに、変化が起きないのは幼児期の頃のことが原因だと指摘していただいても全く気づくことができません。言葉は耳に入っているのに入っているだけで全く受け止めることができていませんでした。

幼児期にフォーカスすることができないまま、自分が取り戻した力・エネルギーを使うことになぜ抵抗があるのか?使ったときに起こりうることのうち、何を心配しているのか?何を恐れているのか?そういう視点で答えを求め続けていました。もう1週間以上求め続け、それでも答えに辿り着きません。似たようなものには辿り着くのですが、わずかに何かが違うのです。自分に何が起こっているのか?なんでこうなったんだろう?そもそも私はなんで封印解除・能力開発のセッションを受けたいと思ったの?どうして受けたの?そんなことまで考えていました。

本当に混乱していたのだと思います。そして混乱状態に苦しみ、つらいという感情に支配されていたのだと思います。

そんな私はやってしまいました。セミナーの最後、絢さんに質問という形で自分の混乱を訴えてしまったのです。
封印解除のセッションを受けたということは解除する準備ができていたということ。それなのになぜ解除してすぐに変化が起こらないのか?変化を受け入れるために癒しが必要ということであれば、その癒しが終わるまで封印解除を受けることはできないのではないのか?
その答えをどうしても知りたくて絢さんに質問し続けてしまいました。きっと、その答えを理解し、少しでも自分の混乱を鎮めたかったのだと思います。数日前にも同じような訴えをして幼児期の頃のことが原因だと指摘してくださっていたというのに・・・。絢さんの指摘をきちんと受け止めることができていない私はその指摘をスコーンと抜かして質問し続けてしまいました。

私は誓って絢さんに対して不信感をもっていたわけではありません。決して。その逆です。不信感を持っていれば私の性格上質問しなかったと思います。言い訳でしかないのですが。。。でも・・・絢さんにとっては不愉快な想いをされても仕方の無いことを突っ込んでいるということに、質問し始めてようやく気づいた私。。。

そんな私の不躾な質問に、絢さんは答えてくださいました。私が納得するまで答えてくださいました。過去世での影響によるものではなく、変化が起きないのは今世の3次元の私が抵抗しているからだと。変化そのものへの恐れや、幼児期に受けた傷が癒されていないために抵抗しているのだと。また、封印解除されてからそれを受け入れることができるまでタイムラグがあることもあるのだと。

タイムラグについての説明をお聞きし、ようやく私は今の自分の状況をそういうこともあるのだと理解しました。でも、ここまで絢さんが変化の起きない原因を指摘してくださっているのにもかかわらず、私はまだその原因となる事柄に気づくことができませんでした。どのことなの?どれ????わからない!!と。

そんな形でセミナーを終えた私でしたが、セミナーに参加している間に確実に変化が起きていたのです。

セミナー途中、2回目の休憩に入る少し前くらいから、急に悲しくなってきました。泣きたくなってきました。実際涙が出てきました。誰かの話を聞いて傷に触ったとかそういうのではありません。全く関係ないお話が進んでいる中、わけもなく涙が出てきたのです。きっと一人だったら静かに泣き続けたと思います。でも、何人もの方がいらっしゃる前で涙を流すわけにもいかない、と我慢しました。

セミナーが終了し、会場を出ても、どうしてそうなっているのかよくわかりませんでした。最寄り駅の改札を通り、フォームに降りて電車に乗ろうとしたとき、傘を忘れてきたことに気づきセミナー会場に戻りました。そして傘を取ってまた駅に戻りフォームに辿り着いた時、ふっと気づいたんです。幼児期の頃の癒すべきポイントに。

たびたび絢さんが指摘してくださっていた幼児期の傷。どうしても思い当たることを見つけられず、困り果てていた傷。でも、やっと、癒すべき過去を見つけた!と駅のフォームで喜んでしまいました。

小学校・中学校・高校・大学・企業、それぞれの時代全てにおいて自分の能力を発揮して目立ってしまったり目立ってしまいそうになったりした時に向けられた、あるいは何が原因なのかわからないまま自分に向けられた、嫉妬や妬み、敵対心。それらに何度となく傷ついてきました。
そのため、2回目の就職をした頃には「そういったものを受けるくらいなら、そんな感情や行動を人から引き出してしまうくらいなら、目立たず、おとなしくひっそりと穏やかに暮らしていたい。そんなに目立ちたいならどうぞあなたが目立ってください。私は目立たなくていいのだから。だからどうか私に敵意を向けないで。」そう思って身を引くことを選択するようになっていました。

そして今日、それらの傷こそが今の私を引き止めているのだと気づきました。

もしかすると他にもまだ今の自分を引き止めている要因があるかもしれません。でも、とりあえず浮上してきたこのポイントをこれから癒そうと思います。

今回、ようやく癒すべきポイントに気づくことができたのも、絢さんが、私の混乱を、私の想いを受け止めてくださったからだと思いました。

家に帰り、どうしても絢さんに感謝の気持ちをお伝えしたくてメールをしました。そのメールに対する返信をいただき、その内容にまた心打たれました。本当にありがたく思いました。私を信じ続けてくださっていたんだと思いました。深い愛で私を包んでくださっていると感じました。絢さんの潔さ、自分への厳しさ、そして謙虚さ。なんて素敵なんだろうと思いました。これから色々な経験をしていく中で、私が身につけるべき姿勢を体現してくださっているように感じました。本当にありがとうございます。



それにしても・・・。各時代で傷として残っていることを具体的に書き出してみて驚きました。出るわ出るわ。各時代それぞれで味わった痛みがゴロゴロゴロゴロ。正直、全部癒すのかと思うと、その多さに引いてしまう自分がいたりして。。。うわ〜!こんなにたくさん出てきちゃった!っていうか、なんでこんなにたくさんあったのに気づかなかったの?なぜに??
たくさん出てきたことよりも、こんなにたくさんの傷を抱えていてそれが今支障をきたしている原因だと気づけなかったことに驚きました。でも、それらの傷は私にとって思い出すのがとてもつらいことで、つらいからこそ思い出したくない、だから自分にとってそれは終わったこと、大したことがないことだと信じ込んでいたのだと思います。だから、それらが自分の人生に支障をきたす原因になるほどのことだという認識をどうしても持てなかったのだと思います。

で、今気づいたんですが、今回の封印解除とその後の変化が起きないということが無ければ、私はこの大きな荷物を抱えたまま何年ももしかしたら一生過ごしていたかもしれない。。。うわー、そうだ!きっと!だって大したことない傷だと思っていたから。もう癒す必要も無いほど些細なことだと思い込んでいたから。今回ここまでもがくことがなければ、傷の大きさに気づくことができなかったと思います。この大きな荷物を手放すチャンスをいただけたのだと思うとまた別の意味で感謝の気持ちが沸いてきました。

躓いた時、物事が上手くいかない時、それは何かに気づくべき時。それを改めて実感できた一日でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
魂からの癒し チャクラ・ヒーリング
ヴォイスヒーリング―魂を癒す歌

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。